代表取締役 卯目 英喜1

テレステーションが創業した1990年台、人と人を結ぶコミュニケーションの最先端ツールとして「携帯電話」が爆発的に広まりました。 「モバイルショップ事業」として参入した当初は「その場ですぐに携帯電話をお渡する」「番号を選んでいただく」といった、今では当たり前のことがお客様へ提供出来ず、苦心したものです。 しかしながら工夫とアイデアで難題を打破し、同業他社さまからも一目おかれる販売方法で生き残ったことが、今のテレステーションの原点になります。

創業から25年以上経過した現在、電話やメールとしての機能に留まっていた携帯電話も、スマートフォンという新しい形に姿を変え、ネットショッピング、SNS、動画・音楽配信は当然のことながら、VR・AIという携帯電話が広まり始めた時には考えられなかったサービスまで利用することができます。 私たちもスマートフォンユーザの多種多様なニーズに応えられるよう、2012年に「メディア事業」として「月額ドットコム」というアプリ・Webサービスサイトを立ち上げました。モバイルショップ事業で培ったノウハウとサービスで、全国で2,000店舗以上の販売店様でお客様にご販売をいただいており、その数は現在も増え続けております。 「メディア事業」で構築した販売ネットワークを活かすため、私たちが提供出来ていない分野の商材をご紹介・販売いただく「アフィリエイト事業」にも注力することとし、2018年3月をもって「リアルアフィリエイトサービス」の基幹システム導入をすることにいたしました。リアルとWebを結ぶ私たちだからこそ出来るサービスで、仮想通貨、IoT関連などの新しい分野の商品をお客様に提供できるよう積極的に展開いたします。

私たちテレステーションは「メディア」「アフィリエイト」「モバイルショップ」3つの事業を柱に、それぞれの事業が重なり生み出す新しいサービスを変化し続ける市場・環境に併せて提供し、「テレステーションがあってよかった」と関わる全てのお客様に言って頂ける様、挑戦し続けてまいります。

株式会社テレステーション
代表取締役 卯目 英喜

Identity

Corporate Philosophy

Corporate Philosophy

「テレステーションがあってよかった」
と言っていただけるように行動する。

ロゴの由来について

1992年4月の創業以来、当社では「すべてのお客様に対して、ご満足いただける商品・サービスの提供」を心がけてまいりました。この精神は創業当時から変わっておりませんが、お客様にご提供させていただく内容は時代と共に常に変化をしてきました。2012年4月1日をもって当社の体制を一新することを決定し、新たなブランドイメージを創造するために、ロゴ デザインを作成いたしました。

ロゴの意味

テレステーションのイニシャルである「テ」という文字から道を創造し、「お客様」と「テレステーション」が出会い、共に「未来」に向かって大きな道を歩むというイメージを表現しています。

logo

コーポレートスローガン制定について

つながる、人と未来と。

コーポレートスローガンに込めた想い

進んでいく「人」と「未来」に、「テレステーション」がつながり「一緒に歩む」という想いを込め、コーポレートスローガンとして「つながる、人と未来と。」を制定いたしました。 「お客様と共に歩む企業でありたい」という考えのもと、「私たちは何をすべきか?」という社員一人ひとりへの問いかけでもあります。社員一人ひとりが「人」と「未来」とつながるために自らに問い行動に起こすことで、様々な商品やサービスをお客様に提供し続けることができると考えております。